• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 サービス内容・ご利用条件 』 内のよくあるご質問

37件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • フレッツ・ISDN/Bフレッツとの違いは何ですか?

    フレッツ・ADSL/フレッツ・ISDN/Bフレッツとも、NTT東日本のフレッツ網を中継し、インターネットへの定額接続を可能にするサービスです。フレッツ・ADSLはメタリック回線(アナログ回線)、フレッツ・ISDNはISDN回線、Bフレッツは光ファイバーを利用します。関連コンテンツフレッツ・ADSL

  • フレッツ網とは何ですか?

    NTT東日本がご提供しているデータ通信用のネットワークです。これまでの電話網とは異なるIP通信専用のネットワークを各県ごとに新たに構築いたしました。本サービスやフレッツ・ISDN、Bフレッツからインターネットへ接続する際の中継網となります。関連コンテンツフレッツ・ADSL

  • IPアドレスは固定ですか?

    基本的にプロバイダからグローバルIPアドレスが動的に割り当てられ、接続ごとに異なります。また、固定IPアドレスが利用できるプロバイダもあります。※詳細についてはサービス提供しているプロバイダへお問い合わせください。関連コンテンツフレッツ・ADSL

    • No:390
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: その他
  • 電話と同じ回線で、同時にこのサービスを利用できるのですか?

    上記1.電話共用型をご契約の場合、本サービスでの通信は電話とは異なる周波数帯域を使うため、電話(またはFAX)とフレッツ・ADSLでのインターネット接続を同時にご利用いただくことが可能です。(ただし、ISDNとは異なり、2回線分の働きをもっている訳ではありませんので、電話と電話,電話とFAXなど、同じ周波数帯域を...

  • フレッツ・ADSLのスループットはどのくらいですか?

    本サービスは通信速度が非対称で、速度が下記のベストエフォート型サービスです。フレッツ・ADSL モアIII 下り最大47Mbps、上り最大5Mbpsフレッツ・ADSL モアII(40Mタイプ) 下り最大40Mbps、上り最大1Mbpsフレッツ・ADSL モア 下り最大12Mbps、上り最大1Mbpsフレッツ・AD...

  • フレッツ・ADSLを利用する回線の側にISDN回線がある場合、影響を受けると聞いたのですが本当ですか?

    技術的条件的には収容ケーブル(NTT〜お客さま宅)の近端にISDNや専用線(デジタルアクセス、デジタルリーチなど)などがありますと、相互干渉により速度の低下や通信が全くできない状態になる場合があります。関連コンテンツフレッツ・ADSL

    • No:387
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: その他
  • 推奨端末台数を超えて接続した場合、通信はできないのですか?

    通信はできますが、推奨端末台数以上の端末を接続してご利用いただいた場合、通信速度の低下など想定したサービス品質を得られない場合があります。関連コンテンツフレッツ・ADSL

  • フレッツ・ADSLとはどのようなサービスですか?

    フレッツ・ADSLは、メタリック回線(アナログ回線)をアクセスラインとするインターネット通信料完全定額制サービスです。ADSLの技術を用いることで、NTTアクセス区間(NTT東日本収容ビル〜お客さま宅区間)において、高速での通信が可能なベストエフォート型サービスです。時間を気にせず、思いっきりインターネットをご利...

  • フレッツ・ADSLエントリー(1Mタイプ)は、ビジネス利用としてなぜ利用できないのですか?

    本サービスは、インターネットを利用していない個人のお客さまや、ダイヤルアップを利用している個人のお客さま向けに、より手軽にブロードバンド回線を利用していただくことを想定し、低価格な料金を実現していることから、ビジネス利用のお客さまは対象外とさせていただきました関連コンテンツフレッツ・ADSL

    • No:393
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: その他
  • 臨時利用はできますか?

    できません。関連コンテンツフレッツ・ADSL

    • No:381
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: その他

37件中 1 - 10 件を表示