『 サービスの概要 』 内のよくあるご質問

15件中 11 - 15 件を表示

2 / 2ページ
  • 推奨接続端末台数とは何ですか?

    ADSLサービスにおける端末接続台数の基準値です。フレッツ・ADSL ビジネスタイプは、ビジネスでのご利用を想定し、本サービス専用の設備を用意しているため、通常のメニューと比べ推奨接続端末台数が5倍程度となっています。フレッツ・ADSL ビジネスタイプ・・・25台程度の利用を想定通常のフレッツ・ADSL(モアII... 詳細表示

    • No:365
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
  • ADSLとは何ですか?

    ADSL(Asymmetric Digital Subscriber Line:非対称デジタル加入者回線)とは、上り下りが非対称な高速データ通信技術です。本サービスの場合、フレッツ・ADSL モアIIIでホームページの閲覧など多くのデータ量が流れる‘下り’は最大47Mbps、メールの送信など流れるデータ量の少ない... 詳細表示

    • No:349
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
  • 電話と同じ回線で、同時にこのサービスを利用できるのですか?

    上記1.電話共用型をご契約の場合、本サービスでの通信は電話とは異なる周波数帯域を使うため、電話(またはFAX)とフレッツ・ADSLでのインターネット接続を同時にご利用いただくことが可能です。(ただし、ISDNとは異なり、2回線分の働きをもっている訳ではありませんので、電話と電話,電話とFAXなど、同じ周波数帯域を... 詳細表示

    • No:355
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
  • 提供エリアであれば、必ずサービスを受けられるのですか?

    設備の状況や、NTT提供区間の需要により提供できない場合があります。光化済エリアであってメタルケーブルがない場合重畳不可サービスをご利用の場合(信号監視通信など)空き心線がない場合などです。お客さま宅の配線区間において特殊な装置などが設置されている場合、実質提供できない場合もございます。関連コンテンツフレッツ・ADSL 詳細表示

    • No:362
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
  • フレッツ・ISDN/Bフレッツとの違いは何ですか?

    フレッツ・ADSL/フレッツ・ISDN/Bフレッツとも、NTT東日本のフレッツ網を中継し、インターネットへの定額接続を可能にするサービスです。フレッツ・ADSLはメタリック回線(アナログ回線)、フレッツ・ISDNはISDN回線、Bフレッツは光ファイバーを利用します。関連コンテンツフレッツ・ADSL 詳細表示

    • No:351
    • 公開日時:2012/06/13 19:00

15件中 11 - 15 件を表示

ページの先頭へ