• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 サービス内容・ご利用条件 』 内のよくあるご質問

28件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • ハイパーファミリータイプとはどのようなサービスですか?

    ハイパーファミリータイプ※は、お客さま宅とNTT東日本収容ビルの間を光ファイバーで接続し、最大1Gbps※のアクセス区間を複数のお客さまで共有いただき、インターネットなどに接続するサービスです。お客さま宅内での通信速度は、上り・下りともに最大100Mbpsとなります。※お客さま宅内に設置する弊社回線終端装置から弊...

  • ハイパーファミリータイプとニューファミリータイプとの違いは何ですか?

    ニューファミリータイプ※1は、お客さま宅とNTT東日本収容ビルの間の最大通信速度100Mbps※2を複数のお客さまにて共用するのに対し、ハイパーファミリータイプは、お客さま宅とNTT東日本収容ビルの間の最大通信速度1Gbpsを複数のお客さまにて共用するサービスとなっております。※1ニューファミリータイプは、平成1...

  • 定額でインターネットが使い放題ということですか?

    インターネットサービスプロバイダに接続するための通信料が完全定額となります。なお、インターネット接続にあたっては、本サービス利用料のほかにインターネットサービスプロバイダの接続料が必要となります。関連コンテンツBフレッツ

  • 1契約で使用できる端末台数に制限はありますか?

    Bフレッツについては、お客さまにできる限り公平かつ快適にご利用いただくために、タイプごとに1契約で接続可能な端末数に上限値を設定しております。ビジネスタイプで50台以下、ベーシックタイプで10台以下、ハイパーファミリータイプ、マンションタイプについては5台以下となります。関連コンテンツBフレッツ

    • No:45
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: ご利用環境
  • 1台のパソコンからインターネットとサービス情報サイトを同時に接続することはできますか?

    本サービスは1契約で複数の接続先に同時に接続することが可能です。ただしその場合は、PPPoEマルチセッションに対応したフレッツ接続ツール(Ver2.X以降)をご利用いただく必要があります。関連コンテンツBフレッツ

    • No:42
    • 公開日時:2012/06/13 19:00
    • カテゴリー: ご利用環境
  • 電話と同じ回線で使用できるのですか?

    ビジネスタイプ、ベーシックタイプ、ハイパーファミリータイプ、ニューファミリータイプの場合、電話と共用できません。(電話回線とは別に光ファイバケーブルを設置する必要があります。) マンションタイプの場合は個々のお客さま宅やテナントさま側にVDSL装置を設置していただくことで、電話回線を共用することができます。(光フ...

  • 加入者光ファイバとはどのような回線ですか?

    弊社よりお客さま宅内に設置される回線終端装置までを結ぶ光ファイバです。関連コンテンツBフレッツ

  • フレッツ網とは何ですか?

    弊社がご提供しているデータ通信用のネットワークです。これまでの電話網とは異なるIP通信専用のネットワークを各県ごとに新たに構築いたしました。本サービスやフレッツ・ISDN、フレッツ・ADSLからインターネットなどへ接続する際の中継網となります。関連コンテンツBフレッツ

  • ハイパーファミリータイプのスループットはどの程度と想定されますか?

    スループットにつきましては、プロバイダ様のネットワーク状況や、インターネットのトラフィック状況により異なりますので一概には申し上げられません。また今後のお客さまの利用状況の変化や、コンテンツ内容の変化により変動するものと考えております。 なお、サービス情報サイトにて速度を測定するサイトを用意...

  • PPPoEクライアントソフトウェアはどこにインストールするのですか?

    基本的には回線終端装置に接続するパソコンなど端末機器にインストールする必要があります。ただし、回線終端装置にPPPoE対応ルーターを接続し、その配下にパソコンを接続する場合は、インストールは必要ありません。関連コンテンツBフレッツ

28件中 1 - 10 件を表示